地域創生

地域創生スラックラインワールドカップ

オリンピック正式競技化を推進
スラックラインを日本全国、そして世界各地へ。

Goolightでは、2017年に開催されたスラックラインワールドカップ(主催:スラックライン推進機構)から大会運営に参画し、大会を超高精細映像の4Kで収録、地域や長野県内及び全国へ配信しています。大会の模様は、Goolightのすこうチャンネル、ケーブル4Kの全国生中継とともに、長野県ネットワークを活用した県内ケーブルテレビによるコミュニティチャンネルでの放送(HD)、そして、インターネットでの生配信を実施することで、長野県内から日本各地、そして世界各国へ、LIVEならではの興奮を広くお届けします。
この一連の対応は、地域の活性化に貢献するスポーツコンテンツの普及促進や競技発展への支援を目的とし、現在も継続して取り組んでいます。

スラックラインとは

スラックラインは、2000 年代後半からヨーロッパを中心に競技として盛んになったニュースポーツ。競技者はわずか幅 5cm のライン上でアクロバティックな技を展開し、その難易度や技の美しさを競い合う。ライン上での静止・歩行が体幹やバランス強化に役立つことから、トレーニングや医療の分野でも注目されており、その気軽さから老若男女が楽しめるスポーツとして、世界 80 カ国約 300 万人が愛好していると言われている。日本人の競技人口も増加しており、日本人の世界チャンピオンが誕生するなど、メディアでの注目度も急上昇している。

お申し込みはこちらから